任意の不動産売却を中心にお客様のご要望に添える最適なプランを神戸でご提案

無料相談はこちら

よくある質問

任意売却が決まれば手続き完了までローン支払いは不要

Q&A

引越費用や自己破産費用など必要経費を準備することができます

任意での不動産売却を決心された場合、手続き完了まではローン支払いが不要になるため、それを利用して引越しや自己破産に必要な経費を準備することもできます。
無料相談を受け付けており、14年間行ってきた任意売却の実績を基に専門的な知識とノウハウで、お客様のケースに一番合う売却方法を探し、お客様が納得できる解決策を提案できるよう、心を込めた丁寧な対応を行います。また、更に専門的な知識が必要な場合は、弁護士などの各種専門家を紹介し、連携しながら進めることもできます。


よくある質問

FAQ

相続した不動産は、いつ売るのが最適ですか?
売買の取引は、1年を通して年明けから3月にかけて活発になります。
しかし、不動産価格は時期によって異なるため、専門家とともに最適な売却時期を見極めることが大切です。
相続登記とは何ですか?
不動産の所有者が亡くなったときに、建物の名義を被相続人(亡くなった方)から相続人に変更する手続きのことです。
当社では、相続登記の専門家である司法書士と密に連携を図っておりますので、必要に応じてご紹介することができます。
不動産を売却する際の税金についても相談できますか?
はい、もちろんです。不動産を売却する際、いくら税金が発生するのか計算し、わかりやすくご説明いたします。
ご相談は“無料”ですので、お気軽にお問い合わせください。

任意売却と競売による不動産の手続きには、「家を売らなければならない」ということ以外にも多くの違いがございます。競売の場合は市場価格よりも50%~70%での売却となるため、売却後も多くの残債が出ます。また、引越代をもらえることは多くの場合見込めず、落札者の都合で立ち退きをしなければなりません。また、裁判所内や競売専用のサイトで情報を開示されるため不動産業者や入札希望者の訪問もあり、ご近所に察知されやすくなります。
一方で、任意売却による手続きならば市場価格とほぼ同額での売買取引ができるため、売却後のローン残債を大幅に減らすことが期待できます。退去の時期や、引越代の準備を交渉次第では有利に進めることができ、場合によっては一定の条件はつくものの、相場の家賃を払い住み続けることもできるケースもあるため、できる限りお客様が満足できる、任意売却手続きサポートしています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。